×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

金の先物取引とは

先物取引とは、価格や数値の変動する各種類の商品や指数を、この先の売買について価格を予想して取引をすることです。先物取引は、本来価格変動の影響を避けるための手段として利用されていますが、この価格変動を利用して利益を得る取引もあります。金の先物取引で利益を得る場合は、未来の金の価格上昇を予想して金を購入し、その金の価格相場が上昇して売却した場合、未来の金の価格下落を予想して金を売却して、金の価格相場が下落して買い戻しをした場合があります。先物取引では、商品の現物を持ち寄って取引するのではなく、電子的や紙上で取引を行うので、市場よりも大規模な取引を行なうことができます。また先物取引は、世界的な価格指標を表す商品の取引となります。

金の先物取引の基本ルール

先物取引には基本ルールがあります。取引証拠金制度とは、資金と商品をその場で交換するのではなく、取引を保証する取引証拠金で取引を行う制度のことです。取引証拠金の金額は銘柄ごとに決まっていますが購入代金の約5〜10%です。差金決済ルールとは、「売値」−「買値」の差額が損益となるルールのことです。金の先物取引では、「買う」と「売る」がワンセットになっています。例えば、価格が上昇すると思えば、「買」からスタートし「売」で決済、また価格が下落すると思えば、「売」からスタートし「買」で決済して利益を上げていきます。限月制度とは、銘柄ごとにはじめから決済の期限が決められていて、その期限の月を「限月」と呼びます。取引終了日は、「納会日」と呼ばれて、全ての取引がその日に終了となる制度のことです。

金の先物取引の魅力

先物取引には、様々な魅力があります。一つ目は、金の先物取引とは将来の売買について、取引所を仲介役として書面上で約束する取引方法なので、手元に商品の金がなくても差額の受け渡しによって取引を行うことができます。二つ目は、金の先物取引は、金の商品価格がさがっている時に売り注文を出すことで、その値下がり分を利益にすることができます。三つ目は、金の先物取引の取引に必要な資金は、現物価格の約5〜10%に設定されているので、投下資金に対する利益は大きくなります。なので高い資金効率で取引することができます。四つ目は、金の先物取引の取引に必要な資金には、現金だけでなく株式や債券等の証券などの有価証券を活用することができます。五つ目は、金の先物取引は証券取引所と同じ公設市場なので、安心して取引することができます。

Copyright © 2008 金の先物取引